ある日、九龍城市にて。
One day in Kowloon walled city

 

バイバイ、タイガーバームガーデン
Bye-bye, Tiger Balm Garden

 

香港の田舎に行く
Trip to Rural Area in Hong Kong

 

※本文中の九龍城とタイガーバームガーデンの情報は2001年以前のものです。
*Information about Kowloon Walled City and Tiger Balm Garden within texts are as of 2001 or before.

 
 



See? Everybody is looking at the site.


ある日、九龍城市にて。

使用済みの注射器。血の染み。阿片の香り。違法の歯科医。麻雀をする音。
そんなものばかりが九龍城市の全てではありませんでした。


One day in Kowloon walled city

Used injections. Stains of blood. Smell of opium. Illegal dentists. Sound of playing mahjong.
They weren't all of Kowloon walled city.


Witnesses of the history keep watching.

 


1988年のある晴れた春の日、私は九龍城市にある中国風パンケーキ屋にいました。
店は通りに面した1階にあり、年取った夫婦がラジオを聴きながらパンケーキを焼き続けていました。何を言っているか皆目見当がつかなかったけれど、AMラジオの荒い音質はその場所にとてもしっくりあっていました。(ちなみに、何年も後、ニューヨークの中華街にあるカフェで私は再び同じ感覚を味わうことになるのですが、このときはそんなことは知る由もありませんでした・・・)

テーブルの上には豆乳とさとうきびジュースのグラスがあり、グラスの表面は汗をかいていました。パンケーキを焼くにおい。街の上空を横切る飛行機のジェット音。その場の空気は古い映画のワンシーンから抜きだしたように淀み、気温は摂氏25度を超えて初夏の訪れを告げていました。


One fine day in the spring of 1988, I was sitting at the table in Chinese pancake shop in Kowloon walled city.
The shop was on the ground floor, facing the street. An old couple kept making pancakes, listening to the radio. I never understood what they were talking on the air, but the rough sound of AM radio went perfect with the place. (Many years later, I would feel the same thing in the cafe in China town in New York but I had never known it at this time)

Glasses of soy bean milk and sugarcane juice were on the table. The surface of glasses was sweating. Smell of baking pancakes. Jet sound of airplanes passing above the town. I felt that the air was stagnant there as if it was extracted from one scene of old movies. Temperature was over 25 degree centigrade, telling the beginning of early summer.


Smash, smash, smash...


その日私は、近くにあったガチャガチャで、小さな動物のフィギュアを幾つか買いました。ペイントを施されていない蛍光色の動物たちは、細部まで上手く成型されていて、香港製プラスチックトーイのキッチュさを代弁していました。

私は今でもそれらを「サバイバー」と呼んで大切にしています。何故「サバイバー」かというと、それ以降、同じ様なフィギュアを香港で全く見なくなったからです。アニメのキャラクターになど依存していない、素朴で小さなフィギュアたち。

 


On that day, I got some small figurines of animals from a cheap vending machine near there. Details of these fluorescent colored animals were well carved, representing the kitsch of plastic toys made in Hong Kong.

I still keep them and call them "the survivors", because I have never seen such figurines in Hong Kong since then. Primitive and small figurines, they are so original, not borrowing any images of animation characters.


Under the blue sky, they keep smashing.


これらの写真を撮ったのがいつか、正確には覚えていません。1990年代前半だったと思います。私は再び九龍城市に行き、偶然建物が壊されているのを見たのです。
巨大な鉛の玉が建物に当たるたび、それぞれの部屋にこもっていた古い臭いや思い出を含んだ空気が吹き出し、やがてその空気は空に上っていきました。通行人、転じて現場の目撃者となった人々は、そこで行われている全てを静かに見守っていました。その場のとても特別な雰囲気が皆をそうさせたのです。私でさえも、なかなかその場を離れることはできませんでした。


I don't remember when I took these pictures. It should be one of the first several years in 1990s. I went to Kowloon walled city again, and by chance, saw the site where they were destroying the buildings.
The air, containing old smells and memories, stuffed in each cube bursted as they hit the building with a gigantic lead ball. The air went up to the sky. Passersby turned into witnesses of the site were trying to watch everything without words. Very special atmosphere at the site made them to be like that. Even I couldn't leave the site easily.






Honey, are you still there?


バイバイ、タイガーバームガーデン

「香港」と聞いてまず思い浮かべるのは何ですか?
多くの人がこう答えるのでは?

「タイガーバームガーデン!」

さて、そんなタイガーバームガーデンにさよならをいう時が来てしまいました。


Bye-bye, Tiger Balm Garden

What will come up to your mind when you hear the word "Hong Kong"?
Many of you would answer as this:

"Tiger Balm Garden!"

And now, it's time to say good-bye to it.

 

The last fanfare...


香港在住日本人向けBBSによると、最近、遂にタイガーバームガーデンが閉鎖されたそうです。
「自然な」ガーデン部分は残して、引き続き一般公開するとのこと。
でも、あの「人工的」ガーデン部分はすべて閉鎖されてしまうのです。

もし、タイガーバームガーデンがきれいなお花でいっぱいのただの庭だったら、誰があんなところまで行きますか?あんな高い丘の上まで、不便なローカルバスに乗って!


According to the info from BBS for Japanese living in Hong Kong, Tiger Balm Garden is finally closed recently.

They keep the NATURAL garden area and continue to open it for public.
But they close down all the ARTIFICIAL garden area.

IF Tiger Balm Garden is just a garden with beautiful flowers, who wanna visit there by going up that high hill, riding inconvenient local buses?




See you later, alligator...


最後にタイガーバームガーデンを訪れた時、私はミニバスを使いました。

香港のミニバスには、車内では全員着席しなければならないという規則があります。でも料金を箱に入れてから私は自分の席がないことに気づきました。
運転手はどうしたと思いますか?私にブレーキの後ろの箱にまたがれと言うのです。

もちろん、それに従うしかありませんでした。そこに座って、乗客全員と向かい合わせになるしかなかったのです。

でも、そんな恥ずかしさも、タイガーバームガーデンを訪れるためなら意味があるというものです。



Last time when I visited the garden, I used Mini Bus.

All the passengers must be seated in the Mini Bus, and it's a rule in Hong Kong. But after dropping coins into a fare box , I found that there was no seat available
for me.
The driver made me ride on a box behind a brake. Unbelievable...

...Of course, I had to follow him. There were no other choices for me. I sat there, facing all other passengers.

But, the shame is worthy of visiting Tiger Balm Garden .




Decorated windows at the stairway in ARTIFICIAL garden
They will be gone, too...

Restoring the drawing of "The Hell".
Did he know the fate of the drawings in the future?


10年ほど前は園内にみやげものやも沢山あったのです。
でも最後に私が行った時には、とても年をとったおばあさんが店番をしている一軒だけが営業していました。

その店を見るなり、私はそこにあった「残り物」を買わずにはいられませんでした。
時代遅れの観光客用小冊子や、古い切手、天然色の絵葉書。

私が帰ろうとした時、おばあさんは「多謝。」と言って紙製の扇をくれました。


辺りに観光客はひとりもいませんでした。その日の午後のタイガーバームガーデンは実に静かでした。

>TOPへ


A decade ago, there were many souvenir shops within the garden.
But on my last visit, I only saw one shop open with very old lady as a shop keeper.

Taking a look at the shop, I couldn't help myself buying some "leftovers" there.
Outdated leaflets for tourists, old stamps, and Technicolored postcards...

When I was leaving, the lady gave me a paper fan with the word "Thanks" in Cantonese.

No tourists were there. The whole garden was really quiet in that afternoon.


>Back to "Once Upon a Time in Hong Kong" top page
>"Once Upon a Time in Hong Kong"トップに戻る


Just for fun!>>>