monthly oystergate 2007-11 


 

*English summary is here.

 

香港人の好きな日本




日本に詳しい香港人観光客

夏の終わりに、香港人の友人が夫婦で日本にやって来た。
その友人は、情報収集力があまりないからか、お気楽な性分だからか、自分が泊まる予定のホテルがどこにあるかも調べてこなかった。
マレーシア出身の奥さんにいたっては日本に来るのが初めてで、右も左もわからない。
こんなふたりがパッケージツアーを途中で離脱して個人旅行をするなんて、最初はどうなることかと思ったが、結局、彼らは彼らなりに日本を楽しんで帰っていった。



しかし、このふたりは例外だと思う。
私の個人的な印象かもしれないが、日本に来る香港人の多くは、かなり日本に詳しい。


くだんの友人の妹さんも、今までに何度も日本を訪れている。
その都度、私は彼女の情報収集力の高さに驚かされた。日本に住む日本人である私が知らないことを常にいろいろ知っていて、無料のアトラクションや新しい観光名所など、彼女に教わって初めてその存在を知るものも多かった。

さらに、箱根、富士山周辺、軽井沢、そして北海道に関しては、どこにアウトレットがあって、どうやって行けばいいかまで熟知していた。
彼女が北海道に行った帰りに私にくれたおみやげは、「白い恋人」「夕張メロンゼリー」「ロイズのチョコレート」「旭川動物園ラーメン」であった。随分と北海道のツボを抑えたおみやげではないか。


その彼女が昨年、ふらっと東京に来た。 結婚式の前日、新婚旅行に行こうと思って旅行代理店に行ったら、すぐ買えるのは東京行きの航空券だけだった、というのである。
普段は某ホテルチェーンのバウチャーを買って泊まるのだが、今回は急だったのでここしか予約できなかった、と言って、ご主人とふたり、歌舞伎町の奥にあるビジネスホテルに泊まっていた。
ホテルを訪ねると、「塩大福」をくれた。日中、とげ抜き地蔵に行ったらしい。
毎度のことながら、彼女の日本への馴染み具合に驚いた。


しかし、彼女やその兄に言わせれば、私も似たようなものらしい。
許留山のデザートや美心のチャーシューパンを買い食いし、友人たちの住む団地の近所の茶餐廰で出前一丁を食べ、ミニバスに乗ってタイガーバームガーデンの跡地へ行き、市場で海南島の胡椒を買う。
たぶん、私が香港でしているのと同じことを、彼女も日本でしているだけなのだろう。




香港人は東京より北海道が好き

ひとつだけ、決定的に違うのは、私が香港に何度行ってもまた行きたいと思うのに対し、彼女は東京はもういいや、と思っていることだ。
北海道にはまた行くかもしれない、食べ物もおいしいし、景色もきれいだし、温泉にも入れるから、と言う。何より、雪があってスキーができる。 でも、東京には用がない限りもう行かない、と言っていた。


そういえば、彼女の弟夫婦(兄弟姉妹が多い家なのである)もそうだ。
先日、「北海道に行くので旅館を予約してくれないだろうか」とメールが来た。
温泉に入れて、蟹が食べられる旅館、というリクエストつきである。
しかし、彼が買った航空券のルートでは、東京(成田)にはトランジットで半日しか立ち寄れないし、旅程を変更してまで東京観光するつもりはないようだった。


これでは何だか、ひどく一方的な片思いをしているような気持ちになる。
この秋の連休、そして年末年始にも、多くの日本人が香港へ旅立ち、しかもその何割かは筋金入りのリピーターだというのに。


片思いばかりではくやしいので、香港人の北海道好きを示すデータについて書いておこう。


2005年度に北海道にやってきた外国人数は513,650人、その8割がアジア人、そしてその16.8%(86,293人)が香港人だそうだ。(北海道観光入込客数調査/北海道調べ)


人民網日本語版によると、2005年末の香港の人口が697万800人だというから、全香港人のおよそ0.8%が北海道に来ている計算になる。(計算あってる?)
日本全体ではない。北海道だけで、しかも1年間で、この数なのである。
人口統計には、赤ちゃんからお年寄り、移民して日の浅い本土の人たちも含まれるから、働き盛りの生粋の香港人だけを対象にすれば、この割合はもっと増えるはずだ。


現在、新千歳空港では、キャセイ航空の香港便が週4便も発着しているという。
2005年のさっぽろ雪まつり期間中は、道内の空港だけで、香港、台湾、中国本土などの発着便がチャーター便を含めて約160便もあったそうだ。


日本の魅力を香港にアピールする役割として、北海道はなかなか健闘しているといえよう。
ありがとう、北海道。これからもその大地の魅力で香港の人々をかどわかし続け、私の無念を晴らして欲しい。
ちなみに、私は生まれてから一度も北海道に行ったことがなく、その魅力を未だ知らない。



A Place in Japan Where Hong Kong People Love


Most of Hong Kong people coming to Japan as tourists know a lot about Japan.
Sometimes, they know much more about tourist spots here than Japanese local people.

But frequent tourists from Hong Kong change their main destination from Tokyo to Hokkaido after experienceing some trips to Japan.

They say Tokyo is similar to Hong Kong, but Hokkaido is quite different and has many attractions, such as food, sceneries, hot springs, snowing, and so on.

Actually, some official documents prove that many Hong Kong people have come to Hokkaido for these years.

I am in Tokyo, always missing Hong Kong.
However, Hong Kong people rather choose to visit Hokkaido than Tokyo when they come to Japan.
It makes me feel like I am in one-way love to Hong Kong.



参照 / Ref

交通政策審議会第4回航空分科会資料(平成18年12月15日) http://www.mlit.go.jp/singikai/koutusin/koku/06_4/images/05.pdf

アサヒ・コム 北海道版 「道内への国際チャーター便急増」 http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000269999991246

人民網日本語版2006年2月17日
http://j.peopledaily.com.cn/2006/02/17/jp20060217_57558.html


 

サイトのもくじへ>>>
MonthlyOystergateのもくじへ>>>


 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(c) oystergate 2007 all rights reserved.